LOZ

LIVE STREAMING

ここ数日は、
プロスポーツクラブの新体制発表を中心に
ライブストリーミング配信が目立ちます。

新聞やウェブの記事は
都合のいい部分を編集して使いますから
こういったイベント全体の配信は
ファンに真実が届くということで
良いことだと思います。

わたし自身、もう10年も前の話ですが
ストリーミングのポータルの仕事で
映画の記者会見などの取材に対しては
なるべく会見の全文を使うようにしていました。

それが、多忙な中会見に出席をして、
言葉を選んで発言したキャストや監督への
最大限の敬意と考えていたからです。

そしてそれが、尺制限のあるテレビと違った
インターネットというもの存在価値だと思ったし
ここにきてそれが証明されつつあります。

ただ現在、ストリーミング中継の中には
固定カメラのみを置いて、
いちばん大切な音声のケアもいまひとつ、
カメラ前に人が立っちゃう、
会場のモタモタ感がそのまま出てしまうなど、
「配信できればいいか」感が目立つ中継もあります。

中の人で安価に済ませたい気持ちもわかりますが、
そこにクラブとしての品格が見えてくるということも
しっかり自覚していただきたい。